読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌じょのいこ。

だいじょうぶだ、おれはしょうきにもどった!

ピラニアだって餌は選ぶ

雑記 モロマ

ちーっすピラニアです。ワシら大輔さんファンのことをピラニアに最初に例えた人は本当に秀逸だよ。第一報が入るやいなや群がるそのスピードと数、ブログで大輔さんのことを書いてから本当に思い知ったからね。あとやっと見つけたシャルウィの売場がいつ行っても売り切れ状態でタイミングが合わないと買えないとかね!言わずと知れたチケ取り合戦とかね!

まあそんなこんなでシャルウィに群がりなべさん体操に群がりマーニーに群がり、そうなるとこのSNS時代でありますから話題もどんどん広がるわけです。話題になる、ということは彼の名前を使う側にとっては商機なわけですね。だもんで入荷を増やしたり売場を拡大したり、フル演技動画が公開決定したりするわけです。ワシらピラニアはおいしい餌にありつけ、会社側は話題性と売上アップでまさにウィ〜ンウィ〜ン(cv.井上カーズ彦)な状態。
しかしですね、そんなピラニアの習性が仇となりまして、「あそこの川に適当なゴミぶん投げとけば勝手に食いついてくるから大漁だぜwww」と不誠実な漁師に狙われているのもまた、現状なのです。これもまたSNS時代の産物、炎上商法ってやつです。

この炎上商法ってのがね、メディアの腐りっぷりを加速させる原因にもなったわけでね。とにかく「釣れる」タイトルと恣意的な要約をURLと共にSNSに流しておけば、あとは勝手に愚民どもが拡散してくれるわフハハハハ〜って感じの手口ですよ。もともとはまとめサイトがアフィ目当てで利用していた方法なのですが、ここ数年のSNSの普及と時を同じくして一般のニュースサイトなど、メディアもこの手口を使うようになってしまった。
で、その炎上の手口、これは不快であればあるほど効果がある。「対立」と「義憤」を煽るのです。
あえて人々の怒りを買うような見出しや内容を使い、「何を言ってるんだこいつは。そんな極論では云々」的な怒りや失望のツッコミ文と「記事タイトル」「URL」が三点セットになったツイートが、その怒りに同意する人たちによってどんどん拡散されていく。URLやタイトルがなくても、記事の内容に言及されていたり多くの人たちがざわ…ざわ…していると、一体何があったんだ?と調べて自分から地雷を踏んでしまったりする。更に、話題になれば炎上記事側の内容に賛同する人たちによる煽りやクソリプも増え、まさに焼け野原の様相となり、炎上元だけがクリックと広告収入で潤う仕様です。見たぜ〜さんざん見たぜ〜、事件関連はもとより、オタク批判、男女の対立煽り、教育論に政治論、あと俺の住んでるふくすま県も腐るほどネタにされてっからな。

で、ワシらピラニア、どうもそんな炎上商法の拡散ツールとして目をつけられたっぽい。あの雑誌に。彼の名前を出せばそれだけでピラニアが寄ってくる、と思われたっぽい。で、その判断は当たってる。当たってるんですよ。何も実際に雑誌を「買う」だけがあそこの利になるわけじゃない。

これは本当にオタク関連やふくすま関連で腐るほど見てきた炎上商法パターンなんですが、自分がURLを貼ったり踏んだりしなくても、それを話題にしたり、なんとなくざわ…ざわ…してたりするだけで、ある人々には利になるのです。話題に上がっていることが多い、何だか気になって検索している人が多い、そうなると利の匂いを嗅ぎつけたスパム業者が大量のアカウントからURL付きツイートをドバーーーっと流したり、検索クリック目当てでNAVERまとめが作られたりするんです。で、そうなるともう内輪のざわざわだけでは済まない。一気に外部へと拡散していきます。掲示板にスレ立ってまとめサイトに載って更にそれをニュースサイトが拾って、という具合。
でね、そうすると「そのジャンルの内輪ではない」人々はそりゃもう興味本位でクリックしますわ。しまくりまくりますわ。話題になればニュースやワイドショーにも取り上げられますわ。そしたらやっぱり興味本位でソースである雑誌を買う人も、そりゃーもう増えますわな。うめぇこと考えたもんだよ。宣伝ツールが潜在的読者となり、また潜在的読者が宣伝ツールとなるんだからな。

「なんでこんなクソ雑誌にいちいち話題にされるんだ」
「それはな、俺たちが話題にしているからさ」

悔しいが、そーゆーことなんです。
だからピラニアの一匹としてはですね、やはり餌はきちんと見極めた上で食いつきたい所存。そしてピラニアの脊髄反射目当てで投げ込まれたゴミは徹底的に無視していきたい所存です。それでもこいつぁ書いとかねば、ってときは今回みたいにきっちりブログで理詰めの長文キメたるわ。もうそんなことがなきゃーいいんだけどよ。
そうは言ってもなかなか腹の虫が収まらねえ!ってこともあるでしょう。にんげんだもの。ピラニアだけど。そんな時はですね、素敵な呪文があるのですよ。

「そんなことよりシャルウィおいしい」

これ!これね!
これ元ネタは「そんなことより酪王カフェオレおいしい」っていうんですけどね。福島酪王カフェオレ会 で検索して頂くと大体おわかり頂けると思うんですが、ふくすま関連のアレな感じのツイートとかまとめとかうっかり見ちゃった時の気分の切り替えとして、またもちろん酪王カフェオレ(超おいしい)を飲んだ時の心の叫びとして多々呟かれているものです。そんなことより酪王カフェオレおいしい。
そうしたらね!なんと酪王カフェオレが(超)おいしい、ということが全国に広まって、販売店が増えたり酪王の出荷量が増えたりファンのつどいが開かれたりと、いいことづくめの輪が広がっていったんですよ!すっげーな!
だから、だからね、「そんなことよりシャルウィおいしい」と呟けば、シャルウィがおいしいことが全国に広まり、販売店も増え、我々も入手しやすくなり、またグリコさんも潤い、いやーピラニアパワーすげえな、よーし来年は練習着DVDプレゼントするか!てなことになるかもしれないじゃーないですかーーーーッ!!
(夢を持つかぎり)


そしてこんな記事の後にあからさまにアフィを貼るのが俺だ。